Getting Real

・ライバルを持ち、相手が強調している点と異なる点を強調する。先駆者の追随になってはならない。競合比較ではなく、何が根本原因なのかを考えなければならない。

・アプリケーションのポイントを決め、それに基づいたビジョンを定め、ビジョンに沿って行動する。

・成功と満足の秘訣はディテールにあるが、完璧主義者になるのは後回しで。

・アプリケーションのコア市場を見つけ、ターゲットを絞り込む。

・不完全な製品ではなく、本当に必要な機能を持った半分の製品を作る。機能を削る。

・追加機能はノーから入る。いらない機能を尋ねる。

・できるだけ早く実現させる。現実のものにする。

 

■アイディアを現実に

1.インスピレーション ー プロジェクト全体を見渡せる大局観、俯瞰図

 そのアプリケーションは何が必要なのか?それがいつ役に立つのか、どのように知るのか?いったい何を作ろうとしているのか?

2.紙スケッチ

3.HTML

4.コードにする。

 

・環境設定を委ねすぎない。苦情があれば変更する。

・実行すること。

・各タスクのスケジュール、規模を細分化しよう。

・干渉されない時間を作る。

・ミーティングをできるだけしない。する時には、必要最低限のメンバー、タイマーをセットして、話の内容が定めてから。

・小さな成功を見つけて自分をチームをモチベートする。

・良い文章を書く。

・インターフェースから作る。インターフェースがデザイン。

・ページの中核部分()から始める。ロゴやフッターなどはいったん無視。

・ソフトウェアの導入部分が評価を決める大きな要素になる。

・インターフェースには必ずしも一貫性は不可欠ではなく、ユーザーがその時点で本当に必要なものを与えることが重要。

・より少ないソフトウェア。より少なく、きれいなコード。

・説明ではなく、体験を書く。

・バグに重要度をつける。

・無料登録やブログとか使うとかってプロモーションとか運用してく話が後半にある。