月頭訓話で話すこと

■全体を通して伝えたいこと

「多くのことは意外と身近にある」

(but 何でもできるわけではないし、簡単にできることばかりでもない。)

 

■導入

・自己紹介(東大のことや自分の高校時代など身近に感じられるようなこと?)

 ー東大生って意外と普通だよ、と。バスケと筋トレしてー、

 ー高校生の頃はバスケ部で西村先生にしょっちゅ怒られて-、、、

 ーあの頃から10年くらい経ったけどその頃と違うことと言えば、、、肌に潤いがなくなったことと額が広くなったことくらい。

 

■本題

・自分の経験に即して身近になった例を話す。(プログラマーや旅行の話など、少し外に目を向けたら色々なことが実現できる範囲にあることを話す)

 ー高校生の頃っていろんなことがすごく遠く感じてた。テレビに流れることって全部自分には関係ない違う世界のことみたいに。例えば東大だってそう、海外だってそう、いろんなサービスがあるけど、それに関わるなんて考えも及ばなかった。

 ー旅行の話。

 

■備考

・いろんなことに興味を持ってやってみるといいと思う。先生、自分や友達の親とかいろんな人に話聞いたり、テレビやネットで出てくるような職業を調べてみたり。

・今日自分が言ったプログラマーってのもその1つだし、旅行をして世界を自分の目で見てみたいってのもその1つだと思う。

 

パワポ

・自己紹介用のスライド ー 自分の経歴

・旅行写真 ー 自分の髭面、NBA、中東